コラム 2018/11/13

|Déjà-vu的な!|#3 痩せればすべて解決するのか

#3 痩せればすべて解決するのか

ザ・実家の朝。
母のサンドイッチ。
父がダイニングに入って来た途端「今朝はサンドイ・・ウィッチかー」と言っていた。
イッチとウィッチ。
ここ悩む、確かに。
しかし今これを書きながら、ググらないこととする。
この先も、イッチとウィッチ、どっちを選ぶか、そしてどちらを選んでもなんとなく恥ずかしい、そんな思いになろうと思う。

オカと。
行くお店も決めないで待ち合わせをしたが、すぐに「あの店の3号店がすぐそこにできた」とオカが言い、直行する。
こういうところ、高校の時から変わらないなー。
おいしいものとか、おしゃれなものとかの情報が濃いし、迷いがない。
私、お店とかすぐに決められないタイプなので、すぐにあそこにしよう!って言える人が好き。

ボリュームたっぷりの前菜とサラダの盛り合わせ 。
あと白ワイン。
秋刀魚となすのパスタ。

自営業者の年金やら保険やら老後やらについて。
人生100年として43歳女の仕事のしかたはどうするのがよいか。
最近買ったもの、捨てたもの、靴やバッグはどこに売るのがいちばんいいか。
そんな話を、お互い脈絡なく思いついたじゅんに話す。

ぜんぜん今の自分に満足できない、もっともっと頑張りたいし、やれると思う。
だから諦めちゃだめだよね!振り返ったら今日だって若いよ!とかっこいいオカ。
その締めの台詞はこれだった。

「結局さー、痩せればすべて解決すると思うんだよね!」

それーーー!わかる!!
オカは私ですか?ってくらい、それわかるわ!!

頑張りきれないだめなぶぶんがそこに来るんだよねー。
というか、痩せるために必要なメンタリティというのは、イコール自律心なのであって、それが欠けているからこそいろいろこんな状態になっているのであって。
仕事や、暮らしや、人間関係や、将来の展望、いろいろ本当は向き合わないといけないのに、見て見ぬ振りをしている。
私、だから体重計に乗ってないもんね。オカもよ。(←比喩じゃなく、じっさい!)

痩せればすべて解決する。
わかってる。
さて。

オカと別れ、次の待ち合わせまでに仕事をひとつふたつ終わらせておかねばまずいと思い、コーヒーを飲みつつPCを開く。
今しているのは、仕事なのか仕事のふりなのか、しばし考えたが、考えても仕方ないので、時間まで作業を続ける。
データができればよいのだ。

その日の夜はあっこちゃんと。
地元の居酒屋的な。
刺し盛り、炒り銀杏、だし巻き卵、穴子の天ぷら、あと野菜天いろいろ。

彼女は、仕事もプライベートもマックスで充実していて、ロングヘアと聡明な額が実に美しく、人望もあり、モテるし、遊ぶの好きだし、美味しいもの好きだし、私の数少ない憧れキラキラ女子の先輩(小学校からの同級生なんだけど笑)。
長旅帰りということで「荷ほどきとかまだあるんじゃない?」というと、それは昨日夜中に帰って来て全部済ませたから大丈夫。と。
洗濯もゴミも全部片付いたと。
さ、さすが。できる女。
レモン・ハイのレモンを絞るあっこちゃん、かわいかったなー。(もう私がただのおやじ。もちろん生ビール。)
ちゃんとインスタ用の写真とか撮っててえらい。
(こんな写真しか残っていない私・・・。)

あっこちゃんは大企業のサラリーマンで管理職で女性とくれば、大変じゃないわけがない。
すべての面倒な事案をいったん受け止めないといけないポジション。
会社の利益も人一倍シビアに追求される。
そんななかいつも笑顔でいるって、すごいカロリー消費(←そっち)。
こういうのも、結局「かわいげ」なんだろうなー。これは男も女もそう。
その人にとっても大切だけど、周りだってそういう人と仕事できたほうがラッキーだ。

あっこちゃんは、本当にそういうのが備わっているんだなあと思う(本人の努力が大きいのはもちろんだけど)。
小学校から高校まで一緒にいて、ぜんぜんそういうの気がつかなかった。
単に、優しい人なだけじゃなくて、努力するし、人を受け入れることができる人なんだなと思った。
これってすごいことだよね。

かわいいひとに、私はなりたい。
一時期、かわいくなくたっていいもん、と思ってたこともあったけど、今はそうは思わない。
かわいいほうがいいに決まってる。
このままかわいげのない年寄りになっちゃうとつまらないので(予想通りだから)、かわいい人をめざしたい。
できるかぎり。
アズマッチアズポッシブル。

しかしね、かわいくなるったって、どうやっていいかわかんないので、とりあえず痩せようと思う。
だって、それがすべて解決する方法だから。

 

 

Text&Photo: Azusa Hamaguchi

1975年生まれ。地方都市→東京→結婚して、わりと田舎へ移住。
フリーのグラフィックデザイナー。夫と二人暮らし。
お酒が好き。食べ物と暮らしを「妄想」するのが趣味。

Déjà-vu的な! 一覧へ
他の読みものを探す