コラム 2019/06/25

|Déjà-vu的な!|#15 Finder

#15 Finder

アイス・カフェ・オ・レ

朝、適当にいれたコーヒーがあまりに苦かったので、アイス・カフェ・オ・レに。
お酒以外で、冷たい飲み物が飲みたくなることって意外と少ないのだけど、やっぱりおいしいね、つめたいカフェ・オ・レ!

グラスにはすぐに水滴がついて、テーブルにまあるいしみをつける。
じきに夏がくるのだ。

朝ごはん、なし。

このあたり、まだ梅雨入りしてないってほんとかな。
雨は降るには降るけど、降りかたが異常。
夕立っていうより、豪雨、スコールのそれだと思う。
日本もついに亜熱帯ということをはっきり感じる。

これからやる仕事のために、料理本をいくつかみていく。
細川亜衣さんの「パスタの本」をみていると、手打ちパスタが食べたくてたまらないー!
この本の写真は、日置武晴さんが撮影されたもので、うちの本棚には上野万梨子さんをはじめとして、有元葉子さんや長尾智子さん野村友里さん津田陽子さんなどなど、日置さんが撮影を手がけられたお料理の本がたくさんある。
なにげなく、本屋さんで「わ、いい本!」と思うと、やはり写真が日置さんだったり。(お料理本好きあるある。)
「レシピ」としてのお皿でなく、「毎日の風景」としてお皿を大事になさっているんだなあ。
やはりファインダーはその人の目なんだと思う。
だから誰も絶対に真似できない。
私も、自分の目を養わなければ。

思い切って卵入りのパスタ生地をつくることにする。
生地を休ませている間に、資料をだして、抜き出す箇所をチェックしようと試みるも、書いてあることがさっぱり理解できず、ネットで調べているとついつい別のサイトを開いてしまい進まない。
意思弱すぎー。

ワインがなければ

パスタを伸ばしてカット。あたりが粉だらけ・・・まあいい。
きのこをソテーして、冷凍しておいたラグーソースとあわせる。
こんなの、一体全体ワインをのまずにいられようか!
飲んじゃうもんね。
あとはサラダをこんもりと。
生野菜がおいしい!たまねぎもオクラも。
もうおいしい以外に言葉がないほど。
農家の皆さんありがとうございます。

昨日、仕事場に置いていた仕事道具一切を、家に運んだ。
当面は、子どものレッスンと、打ち合わせがあるときだけ行くことにする。
この1年、それをずっと迷っていて、決めてしまうとなんだか思った以上に気が楽になった。
きっとまた変化もあるだろうけど、今は家で仕事したい気分だからこれでいい。

持ち帰ったものをしまうスペースをつくるために、収納場所の整理をする。
前回片付けたとき「次にここを整理する時までに一度も使わなかったら処分しよう」と思っていたものをかたっぱしから捨てると、あっという間にスペースができた。
あと半分くらいに減らせる気がするのだけど、それには時間が必要だ。

煙がご馳走・・なわけない

うるめいわしの干物を焼く。
脂がおちて、煙がもうもうとあがる。
外で焼いているけれど、窓開けたらいっぱつで部屋に充満。ですよね・・・。
おいしいからいいの。
おからのサラダとか、小松菜と油揚げの和え物とか、ぬか漬けとか。
好みの渋い献立。
冷やした純米酒。

 

 

Text&Photo: Azusa Hamaguchi

1975年生まれ。地方都市→東京→結婚して、わりと田舎へ移住。
フリーのグラフィックデザイナー。夫と二人暮らし。
お酒が好き。食べ物と暮らしを「妄想」するのが趣味。

Déjà-vu的な! 一覧へ
他の読みものを探す